摺鉢山山麓

摺鉢山の頂上も良いですが、海岸線に沿った山麓も独特です。
何点かの写真でご紹介しましょう。

GoogleMapによる航空写真

ここから右に行くと登山道ですが、今回はここから海岸線へ下って行きましょう。
砂浜ではなく、大きな岩が連なった海岸線です。
その海岸に大きなコンクリートの塊が落ちています。
これはかつて山の中腹にあったトーチカが、
艦砲射撃の直撃を受けてこの場所まで落ちてきたそうです。
艦砲射撃の強烈さを知らされる一面です。
やはりというか多数の弾痕があります。
島の南端が近くなってきました。
山も裾野になり、海岸線沿いの歩道も狭くなってきました。

島の南端近くから見上げる摺鉢山
さてこんな場所にも壕への入り口がある訳ですが、
写真の中では、岩と岩の隙間、
ちょうど人一人が入れる程の暗い所が入り口です。
摺鉢山の麓なので、山の中に張り巡らされた壕へは登りとなります。
いきなり丸太が立てかけられていてギョッとしました。
丸太を登っていくと上へと続く壕に出くわすのですが、
険しすぎてそれ以上は進むのが困難でした。
この先から三一二大隊の要塞へと続いているのです・・・・。


ブラウザの「戻る」で硫黄島のマップに戻ります。