陸戦隊壕

粟津壕から海岸にかけての崖面に、壕やトーチカなどで要塞化された地域があります。
南地区守備隊の激戦が伺えます。

GoogleMapによる航空写真

南海岸を臨む

上陸部隊を迎え撃つには絶好の位置です。


この辺り一帯、壕だらけです


崩れて塞がってしまっている壕
 

掘削道具の跡が生々しい壁面(撮影:左の2コマ共にSHINWA氏)
掘削工具の跡

これだけの洞窟を手動で掘るのですから、
その労力は並大抵の物ではありません。
トーチカも多数存在しています。
写真は砲台の残っているトーチカ。

写真では判りづらいですが、左側の奥は壕へと繋がっています。
砲台座跡
トーチカから南海岸を臨む
トーチカ内部

砲弾や小物をしまっておく棚が見えます。
これは遺族が訪れた時に置いていったのでしょうか?
家族の写真、出征の時の集合写真、神社の写真等です。
砲弾の薬莢です、曲がってしまってますが・・・。
撮影:SHINWA氏
ある壕で海軍のサーチライトを見つけました。
光量を調節する絞りなどが確認出来ます。
壕の近くで見つけました、何でしょうか。
中に何か入っていますが、よく分からないのであります。