その他の写真

硫黄島でのその他の写真です。
生活形式、ダイナミックな風景など。選りすぐってご紹介しています。

自衛隊食堂の前に立つ、ちょっとアメリカンなイラスト看板。
下の2枚は食堂内にある、隊員専用の地図。
食堂前の通りが「まんぷく通り」。

 
厚生館(休憩所のようなもの)にある立て看板。
市丸海軍閣下の訓示です。水が貴重品である事は昔も今も変わりません。



下の写真3枚は厚生館にある硫黄島のジオラマ模型。
現在と戦時中の両方を重ね合わせてます。
スイッチによる各所の案内用パイロットランプ付き。

  
椰子通りにて。



NTT衛星回線のアンテナですが、
一般人の携帯電話は残念ながら繋がりません。
島内の酸化進行は重大な課題です。
硫化水素ガスと海風でトラックの荷台もこの通り、すぐに錆びてしまいます。
下の写真はサッシの鍵。もう酸化してボロボロです。

延々と続く砂利道。
両脇の藪にはまだ多数の遺骨が眠っておられます。
(島北部中央、医務科壕から平和記念公園にかけての道路にて)
撮影:SHINWA氏
南国ムードの漂う風景。
こんな場所を1人で歩いていると、何とも言えない気持ちになります。
(島東部、大塚工兵隊本部壕付近にて)
奇怪な色で構成された海岸線。
(金剛岩よりさらに南南東の、東海岸と日出浜の間にて)
東海岸にて
謎の残骸(密林で近づけない)と南硫黄島(宿舎地区より)
霧に煙る摺鉢山(宿舎地区より)

横1024
南海岸にて
ダイナミックな雲達
全て横1024ピクセルです。


  
とても大きなスコール雲(宿舎地区より)

雲の下端と水平線の間のグレーの部分は降雨中
この様に、遠くからスコールが近づいてくるのが確認出来ます。

横1024
夕焼けに染まる大きな入道雲(摺鉢山にて)
夕焼けと波打ち際(沈船群より釜岩を臨む)

横1024
ハンガーと椰子の木(基地地区より)

全て横1024ピクセルです。

  
空港ターミナルにある有害生物一覧です。
オオムカデに刺された腕が痛々しいです。
硫黄島内の詳しい案内図です。

ちょっと画像をいじってみました。
バギーと海岸線、ジムロードにて。
空港にて

ブラウザの「戻る」で硫黄島のマップに戻ります